ハイヒールが痛い理由

男性の皆さんにとっては無縁であるものの、女性の皆さんにとっては日常的に関わりがあるのが「ハイヒール」という靴でしょう。
だれが決めたのか、女性のフォーマルの靴というのがヒールになってもう久しく、普段からハイヒールを着用している人も多いのではないでしょうか。
ハイヒールは身長を高く見せる効果があるため、特にそういった意識がなくとも自分からファッションのために着用している人も多いかと思います。
もちろん、それ自体が悪いことではありません。
しかし、このハイヒールという靴には大きな問題点が存在しています。
それは「体重」の掛かり方がおかしくなる、ということです。

通常の靴、例えばスニーカーなど出歩いている場合、体重は足の面積全体に対して掛かるようになっています。
つまり、その分だけ分散されているということです。
これがハイヒールを履いている場合、着地をする場所であるつま先と、ヒールが合流する踵の部分にだけ集中的に体重がかかってしまうことになります。
こうなってくると問題なのが、痛みです。
いくら女性が男性に比べると身長が低く体重が軽いことが多いとはいえ、数十キロという重さが足の2点に集中するわけですから、痛いのは当然です。

それでは、このハイヒールを履きこなすにあたって、出来るだけ痛くないようにするにはどうすれば良いでしょうか。
やはり最大のポイントとなるのはハイヒールの選び方です。
そこで当サイトでは、痛くないハイヒールの選び方を指南します。



~注目サイト~
つらい痛みを引き起こす外反母趾の改善方法がわかります → → 外反母趾